リレンザと避妊ピルの組み合わせは問題ないか

ピルは避妊薬としてよく知られており、世界中で多くの女性が使用していることが分かっています。ピルには女性が妊娠した時に分泌される2つのホルモンが含まれており、摂取することで妊娠している状態に近くなります。そして、排卵を抑制することができるため、避妊効果が得られるということです。また、ピルは避妊以外にもさまざまな効果があるため、さまざまな目的で利用している女性がいます。しかし、ピルも薬の1つですし、他の薬との飲み合わせについて気になる人もいるでしょう。インフルエンザの予防にはワクチン接種が大切とされていますが、ピルとインフルエンザワクチンの相互作用はないと言われています。インフルエンザワクチンを接種してもピルの効果が下がってしまうことはないため、安心して予防接種を受けることができるでしょう。しかし、妊娠している場合は生ワクチンの摂取はできません。また、インフルエンザにかかってもピルに影響が出てしまうことはありませんし、ピルの服用を続けても問題ありません。しかし、インフルエンザにかかると下痢や嘔吐を起こすこともありますし、ピルを服用して4時間以内に激しい嘔吐や下痢があった場合、ピルがしっかり吸収されないこともあるので注意しましょう。ピルとタミフルやリレンザは併用できるのかということですが、ピルとインフルエンザウイルス治療薬には相互作用はありません。特に医師からの指示や注意がない場合、ピルとの併用は問題ないということです。しかし、インフルエンザの治療で病院に行く場合、ドクターにはピルを服用していることを伝えるようにしましょう。インフルエンザはリレンザなどのインフルエンザの治療するだけでなく、症状に合わせて抗生物質などが処方されることもあります。

ページトップへ